Apple Watchは売れる営業マンになる魔法のアイテム+モデル選びについても解説 

inofua

Apple Watchを営業マンが身につけるのは「あり」?「なし」?
どのモデルを選べばいいんだろう?

の記事は、

  • Apple Watchが気になっている方
  • 腕時計の買い替えを検討している方
  • 雑談が苦手な営業マン

に読んでいただきたいです。

の記事でわかること
  • Apple Watchを営業マンが身につけるのはOK?
  • 身につけることのメリット・デメリットは?
  • あなたにぴったりのApple Watchは?

Apple Watchを身に着けている人を街でよく見かけるようになってきました。実際、MMD研究所が調査した2021年スマートウォッチの所有率は38.0%で、「Apple」がそのうち46.0%を占めています。

気になっているけれど、実際「ビジネスシーンでの使用は大丈夫なの?」「何が便利なの?」と、疑問やイメージがわかず、購入に踏み切れない方もいらっしゃることでしょう。

結論から言いますと、メリットがデメリットを大きく上回ります。

そこで、Apple Watchを2017年からビジネスシーンで使用している筆者だからこその率直な意見を記事にしました。

ぜひ読んでみてください。

お断り:Apple Watchを使うには必ずiPhoneが必要になります

うつくしい、Apple Watchに着替えよう!

目次

業マンが身につけるのはOK?

2017年から営業マンとして毎日身につけていますが、何も問題ありません。少なくとも、相手より高級なブランド時計をしているよりはいいと思います。

また、バンドを取り替えることができるので、ビジネスシーン毎に使い分けることができます。

業マンにとってのメリット

談がスムーズにすすむ

雑談が苦手な営業マンでも安心してください。Apple Watchを身につけるだけで、相手から興味を惹かれ、その後の商談がスムーズにすすみます。

実例

inofua

お世話になります。
私の提案内容にご納得いただけましたら、新製品をご購入いただきたいと考えております。

商談相手

了解。あまり時間がないので手短にお願いね。

inofua

それではこちらの資料を御覧ください。
こちらが・・・

商談相手

あれ?それってApple Watchだよね。
興味はあるんだけど、何ができるの?
商談の冒頭にごめんね。

inofua

なくても困らないものですが、あれば便利です。例えば・・・
・携帯への着信や通知を把握できる
・アラームの時間を振動で知らせてくれる
・Suicaや電子決済ができる
・心拍数、歩数や運動の記録を残せる
他にも機能はありますが、よく活用しているのはこのような機能です。

商談相手

えー、そうなんだ。
家族でショッピングモールに行って、はぐれた時に電話をもらうんだけど、通知に気づかないんだよね。よく怒られる・・・
あと、毎日エアロバイクを漕いでいるから、記録も残せるね。
いくらくらいなの?

inofua

私が身につけているのは前のシリーズで今なら22,000円くらいです。
最新のものだと50,000円くらいから販売されています。

商談相手

そうなんだ。買おうかな!?
また色々教えて!
じゃあ、商談の続きをお願い!
時間とらせてごめんね。

inofua

ありがとうございます。
それでは資料のこちらが・・・

話に確実に出れる

電話、メール、LINEなどの通知があった場合、手首に直接振動をあたえてくれるので、確実に気づくことができます。電話を逃すことができない営業マンの強い味方となります。

事を忘れることがない

スケジュール、アラームの通知も手首に直接振動をあたえてくれるので、確実に気づくことができます。複数のタスクを同時にすすめることが多い営業マンにとっては隠れたアシスタントとなります。

  • アポイントの電話を12時、15時、17時に入れようと計画している場合、朝一番に設定
    • 振動で知らせてくれるので、何をしていても忘れることがありません

設定方法「Hey Siri アラームを12時に設定して」と言葉で操作します。

業マンにとってのデメリット

  • 待機時は画面を消灯させているため、時刻を確認する時に手首を上げる動作が必要になります
    • 常時表示モデルを選ぶことで解決可能
  • 出張時は充電ケーブルを持参する必要があります
    • 体感としては2日に1回は充電が必要

能抜粋

  • Suicaや電子決済ができる
    • 携帯を取り出す必要なし
  • 文字盤が変更できる
    • 時間、日付、気温などの表示も可能
  • 音楽の操作ができる
    • Apple Watchに曲を追加可能
  • カメラのリモコンになる
    • iPhoneで自撮り可能
  • 心拍数、歩数などの記録が残せる
    • 運動量の管理が可能
  • 耐水性能あり
    • ジョギング、水泳などで利用可能
とめ

多くの営業マンと関わりをもっている商談相手に、訪問インパクトをあたえることは重要でありながらも難しいことです。すべての商談相手に通じるわけではありませんが、聞かなくても相手から興味をもってもらえるApple Watchを身につけるだけで、商談がスムーズにすすむ事例を数多く経験しました。

次にモデル選びについて解説していきます。

なたにぴったりのApple Watchは?

デル選びで考慮する点

現在「Apple Watch 6」「Apple Watch SE」「Apple Watch 3」の3モデルが現行品となっています。

費用が許されるのであれば、最新モデルである「Apple Watch 6」を選べばよいのですが、ご自身にとって必要な機能を精査すれば、必ずしも「Apple Watch 6」にこだわる必要もありません。実際、私は「Apple Watch 3」を使い続けています。

考慮すべき機能は次の3つだと考えています。

「GPSモデル」か「GPS+Cellularモデル」にするか?

違いは単純明快です。「iPhoneが近くになくても通信できるかどうか」「ケース素材の違い」です。

機能GPSGPS+Cellularモデル
iPhoneが近くになくても通信できるかどうか?通信できない通信できる
ケース素材アルミニウムアルミニウム
ステンレス
チタニウム

リンクは各社ホームページに飛びます

Cellularモデルを選んだ場合、3大通信キャリアである「au:385円(税込)」「SoftBank:385円(税込)」「docomo:550円(税込)」のいずれかと「別途オプション」契約に加入する必要があります。

また、使っているiPhoneと同じキャリアである必要があります。

2021年8月7日現在:格安SIMは非対応

|GPSモデルでも十分です

大前提として、iPhoneが近くにあればすべての機能が使えることを理解してください!

*ジョギングなどの運動を想定した場合

  • Apple WatchへiPhoneに入っている音楽を事前に同期して単体で聞くことができます
  • 運動量の記録は、iPhoneと通信再開後に同期されます

|iPhoneが近くにない状態で、どうしても通信をしたい場合のみCellularモデルを選択することになります

  • いつでも電話や通知を受け取りたい
  • いつでもストリーミングで音楽を聞きたい
  • いつでも通信が必要なアプリを使いたい
  • オプション契約費用を許容できる
  • ケース素材はステンレスかチタニウムを選びたい

常時表示が必要?

  • 常時表示機能が必要な場合は「Apple Watch 6」一択となります

液晶サイズは?

  • 44mmまたは40mm:「Apple Watch 6」「Apple Watch SE」
  • 42mmまたは38mm:「Apple Watch 3」

デル比較表

各モデルを比較表にまとめました。ご自身にとって必要な機能を精査し、価格と相談しながら適切なモデルを選んでください。

「Apple Watch 3」は購入しやすい価格ですが、私自身不満な点があります。

watchOSのアップデートが定期的にありますが、容量が8MBのため、インストールしているアプリや音楽を一度きれいにしないと容量オーバーでアップデートできない状況です。

6SE3
常時表示ディスプレイ対応非対応非対応
液晶サイズ44mm/40mm44mm/40mm42mm/38mm
ケース素材アルミニウム
ステンレス
チタニウム
アルミニウムアルミニウム
仕様GPS
GPS+Cellularモデル
GPS
GPS+Cellularモデル
GPS
容量32MB32MB8MB
価格(税込)40mm
アルミニウム
GPS
47,080円〜
40mm
アルミニウム
GPS
32,780円〜
38mm
アルミニウム
GPS
21,780円
価格(税込)44mm
アルミニウム
GPS
50,380円〜
44mm
アルミニウム
GPS
36,080円〜
40mm
アルミニウム
GPS
25,080円
価格(税込)40mm
アルミニウム
GPS+Cellularモデル
59,180円〜
40mm
アルミニウム
GPS+Cellularモデル
38,280円〜
価格(税込)44mm
アルミニウム
GPS+Cellularモデル
62,480円〜
44mm
アルミニウム
GPS+Cellularモデル
41,580円〜
価格(税込)40mm
ステンレス
GPS+Cellularモデル
80,080円〜
価格(税込)44mm
ステンレス
GPS+Cellularモデル
85,580円〜
価格(税込)44mm
チタニウム
GPS+Cellularモデル
102,080円
2021年8月7日現在 Appleホームページにてご確認ください

もし買い換えるのであればApple Watch SE 44mm アルミニウムGPSにします

役立ちアイテム

出張時の充電に便利

デスクでスマートに充電

ビジネスシーン設計でありながら汗やムレに強いメッシュ加工のバンド

スーツによくあう本革バンド

いごに

Apple Watchはなくても困らないものですが、あれば非常に便利です。

バンドも気分やシーン毎に交換できるので、「あれ?バンド変えたの?」と顧客との雑談ネタに困ることもありません。機能だけではなく、営業ツールとして検討してみてはいかがでしょうか?

よんでいただいてどうもありがとうございます!

イノファ|ブログをシェアする
目次
閉じる