【仕事効率向上】デュアルディスプレイ導入は生産性を42%向上させる

inofua

ディスプレイなんてノートパソコンの画面で十分でしょ!

の記事は、

  • 今より早くパソコン作業を終わらせたい方
  • 複数のアプリを同時に起動して作業をすることが多い方
  • 調べ物をしながら資料作成することが多い方

に読んでいただきたいです。

の記事でわかること
  • デュアルディスプレイを導入した場合の効果
  • デュアルディスプレイのメリット
  • 接続や設定方法

デュアルディスプレイという言葉は知らなくても、ディスプレイを2台以上並べて作業している人をテレビやYouTubeで見かけたことはありますよね。株トレーダーとかYouTuberとかです。

私は「株のトレードをしないから」「動画編集をしないから」「ディスプレイ2つなんて必要ない」と、どこか他人事のように考えている方も多いでしょう。

1つ言わせてください。むしろ、ビジネスマンが積極的に採用するべきです!それは、デュアルディスプレイを導入すると仕事効率が格段に上がるからです。

今回ノートパソコンを持っていて、外部ディスプレイを1台追加するケースで記事にしました。

ぜひ読んでみてください。

|スポンサーリンク

目次

ュアルディスプレイは生産性が上がる

私自身デュアルディスプレイを導入して、確実に生産性があがったと実感しています。参考資料がありましたので、ピックアップしました。

なんと、単純計算で3時間の作業が2時間12分で終了です!

ぜ生産性が上がったのか?

一度に多くのコンテンツやアプリケーション・ソフトを

  • 同時に大きなサイズで立ち上げることができる
  • 素早く切り替えることができる
  • 同時に並べて表示し、作業ができる

生産性のない操作を減らすことができるんですね!

ュアルディスプレイの具体的メリット

業スペースが広くなる

ディスプレイを2つにするということは、画面が大きくなります。単純に使えるスペースが倍以上になりますので、快適に作業をすることができます。

また、画面が大きくなることで、「誤入力」や「誤クリック」を減らすことができます。

数の作業を同時に行える

1画面で作業をしていると、別のアプリで作業をしたい場合、今のアプリを最小化させたり、仮想デスクトップで切り替えたりと手間がかかります。

大した手間ではないとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間の積み重ねが生産性を下げています。

それに対し、デュアルディスプレイは2画面ですから、それぞれのアプリを全画面にしたまま作業が行なえます。

体的な使い方

ビジネスマン

  • データを確認しながらプレゼン資料を作成
  • メールをチェックしながら資料を作成
  • 資料を確認しながらオンライン会議に参加
  • 2つの資料を見比べる

プライベート

  • 作業をしながらYouTubeやNetflixで動画視聴
  • メーカーホームページで製品詳細を確認しながらAmazonでお買い物

YouTuber

  • 動画編集をしながらサムネイル作成

ブロガー

  • プレビュー画面を確認しながら記事作成
  • 調査しながら記事作成

投資家

  • チャートを見ながら株取引
  • ニュースを見ながら株取引
  • 複数の証券会社で株取引

ュアルディスプレイのデメリット

当然ですが、ディスプレイ追加購入の費用がかかります。ただし、このデメリットは得られるメリットと費用を精査し、ご自身の判断で使うかどうかを決定できます。

最大のデメリットはスペースが必要ということです。机の上にモニターを1台追加でのせなければならないので、購入したくても設置スペースがなければ実現は難しくなります。

23.8インチの外部ディスプレイで横幅はおおよそ55cmです。その横にノートパソコンを置くことを考慮した場合、天板の大きさは「幅100cm×奥行50cm」以上の机が理想的です。

ュアルディスプレイの接続・設定方法

続方法

ご自身のノートパソコンの外部出力端子を確認しましょう。最近のノートパソコンには「HDMI」や「USB Type-C」が標準となっていますが、MacBookなどは「USB Type-C」しかない場合があります。

また、外部ディスプレイも「HDMI」が標準ですが、高価なものになると「USB Type-C」にも対応しているものがありますノートパソコンと外部ディスプレイが両方とも「USB Type-C」対応の場合、画像出力とパソコンへの給電を「USB Type-C」ケーブル1本で行えるメリットがあります。結果、ノートパソコンの電源アダプタが不要となります。

USB Type-C対応ディスプレイがどれくらい高価になるのか見てみましょう。DELL製の23.8インチ同士で比較します。

|非対応:SE2422H・・・2021年8月12日現在:Amazon 20,800円

|対応:U2421HE・・・2021年8月12日現在:Amazon 40,800円

ノートパソコン(HDMI)↔外部ディスプレイ(HDMI)

ノートパソコン(USB Type-C)↔外部ディスプレイ(USB Type-C)

  • USB Type-Cケーブル1本で接続
  • 外部ディスプレイを購入する時に同梱物を確認し、同梱されていない場合は別途購入しましょう
  • ノートパソコンの電源アダプタが不要となります

ノートパソコン(USB Type-C)↔変換ケーブルorマルチハブ↔外部ディスプレイ(HDMI)

ノートパソコンがUSB Type-Cポートしかない場合、将来的な拡張性を考慮し、ハブアダプタの購入も良い選択肢だと思います

|NIMASO 6-in-1 USB Type-C ハブ

定方法

ディスプレイに接続後、配置を調整する必要があります。

MacBookの場合

「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「配置」

Windowsの場合

「設定」→「システム」→「ディスプレイ」

いごに

スペックのよいパソコンへ買い換えるだけでは生産性を上げることに限界があります。デュアルディスプレイを導入することで、手間の積み重ねをなくし、目に見えて仕事効率が向上します。生産性を上げるために、デュアルディスプレイ導入を検討されてはいかがでしょうか。

よんでいただいてどうもありがとうございます。

イノファ|ブログをシェアする
目次
閉じる