【基本】営業マンの身だしなみ集

inofua

営業成績もいいし、派手な格好しても許されるころかな?
靴のかかとがすり減っているけど、すぐに買い換えなくて大丈夫かな?

の記事は、

  • 新社会人の方
  • 第一印象をよくしたい方
  • 大切な顧客を新たに担当する方

に読んでいただきたいです。

の記事でわかること
  • パーツごとの身だしなみの基本は?
  • スーツは何着くらい必要なの?
  • 色は何を基準にするの?

営業マンとして身だしなみを整えることは非常に重要です。「人は見た目が9割」という言葉があるように、第一印象をより良いものにすることが、その後のビジネスに影響を及ぼします。

もちろん提案力や交渉力、気配りできることでビジネスを拡大することはできますが、身だしなみがしっかりできていることがベースにあってはじめて成立することでもあります。

言い換えれば成功するための第一条件です。

営業マンの基本となることですので、こちらの記事にまとめました。ぜひ読んでみてください。

|スポンサーリンク

目次

だしなみの考え方

ひとことで表すと「相手に不快な印象を与えない」ことです。

清潔感」「服装」「におい

この3つの要素に配慮すればまったく問題ありません。

髪、襟足、もみあげは短く、耳を出しましょう

  • おでこを出すと爽やかに見えます
  • 顔まわりの髪が長いと顔が暗く見えてしまいます
  • 威圧感を与えるため坊主頭はできれば避けましょう
  • 髪の色は黒がベストです

|前髪が目にかかる長さはNGです

  • 寝癖がついたままにしない
  • 派手になりすぎない
  • 奇抜にならない

ーツ

ーツ選びの基本

  • 形はベーシックなものを選ぶ
  • 色は黒、紺、グレーが無難
  • チェックなどの柄が入っていないものを選ぶ
  • 正しい袖の長さを意識する 具体的には下に着たワイシャツの袖が1〜2センチほで出るようにする

|ローテーションを行い、くたびれたスーツを着続けないようにしましょう

  • 同じスーツを連続して着ると、型崩れ、傷みの原因になるため避けましょう
  • 春夏、秋冬、それぞれスーツを3着以上はそろえましょう
  • 定期的にクリーニングに出しましょう
  • 帰宅したあとはしっかりしたハンガーにかけましょう

|シワ、シミに注意深くなる

  • 自分で見えない背中やパンツは特に注意しましょう
    • 営業車利用時:運転中は上着を脱ぎハンガーにかける
    • 電車利用時:可能な限り着席しない、着席した場合は上着を脱ぐか背もたれにもたれない
補足
  • 立っている時はボタンを留める|椅子に座っている時はボタンを外す
  • スーツの一番下のボタンは装飾の意味合いなので留めない
    • シングルスーツ(1つボタン)→ボタンを留める
    • シングルスーツ(2つボタン)→上のボタンを留め、下のボタンは外しておく
    • シングルスーツ(3つボタン)真ん中のボタンだけ留める

一番上だけや全部を留めるのはNGです!

  • ポケットのフタはホコリよけなので屋外では外に出し、屋内ではポケットにしまう

イシャツ

快感を与えないためには

  • 色は白がベスト
  • 首まわりと袖の長さのサイズの合っているものを選ぶ
  • 襟元や袖口の汚れに注意しましょう
  • ピシっとアイロンのかかったシャツを着用しましょう

イシャツを着る時に下着を中に着るべきなの?

西洋ではワイシャツは下着であり「素肌に直接来るもの」という考え方が一般的です。

inofua

西洋から見たら「下着の中に下着を着ている」ということですね。
ここは日本です。考え方が異なります。

日本は西洋より湿度が高い上、一般的なマナーとしてワイシャツの下に下着を着るべきとされています。

営業マンは外を駆けずり回るため、確実にインナーを着て、汗を下着が吸収する方法を選ぶべきです。

着を選ぶポイント

  • 色は白もしくはベージュがベスト
    • ワイシャツから透けにくい
  • 形はネクタイを「する」「しない」で使い分け
    • 「する」:Uネック→ネクタイの結び目の下にVのラインが見えない
    • 「しない」:Vネック→第一ボタンを外しても下着が見えない

クタイ

にマナーは特にありません

  • 赤系:パワフルな印象を与えるので、ここぞという大事な商談で選択
  • 青系:落ち着いた印象で信頼感を与えるので、日本のビジネスシーンでもっとも使われている色
  • 黄色系:明るく元気な印象を与えるので、コミュニケーションを円滑にすすめる効果あり

ネクタイの長さは先端がベルトに丁度かかるくらいにしましょう。

夏はクールビズでノーネクタイOKの会社も増えていますが、業種や商談相手によっては「ネクタイ着用はマナー」と考える方も多いので、初めて訪問する時はネクタイを着けましょう。

クレーム対応時はネクタイ着用必須です。

ルト

  • 色は靴の色と合わせましょう
  • ベルトの穴は端ギリギリで締めるのではなく、真ん中あたりになるよう調整しましょう

選びの基本

  • フォーマルな革靴を選びましょう
  • 色は黒、茶色から選びましょう
  • 1足だけを履きまわすのではなく、2足3足でローテーションしましょう
  • 脱ぎ履きは丁寧に行いましょう
    • 携帯用の靴べらをもっておくと重宝します

|靴はすごく見られていると考えるべきです

  • 身だしなみの確認で、まずは靴を見るという方は多いです
  • スーツを清潔に着こなしていても、靴が汚れていたら台無しです
  • 値段が高ければ良いわけではなく、足元の清潔感が大事です
    • 汚れ、かかとのすり減り、ピカピカに磨かれているかをチェックしましょう

ゲ、肌、爪

  • ヒゲはNGです
    • 毎日そり、肌荒れの手入れも忘れずに行いましょう
  • 爪は短く切りそろえ、爪の間に汚れがないかもチェックしましょう
    • 名刺を渡す時、資料を指さす時、字を書く時など、爪はすごく見られています

  • 必ず身につけましょう

スマートフォンで時間を確認することはNGです。

バン

  • 床においた時に「自立」するものを選びましょう
  • リュックは避ける

おい

  • 自分では意外に気づかないことですが、においへの配慮も重要です

|タバコのにおい

吸っているほうは気づきにくいものですが、吸っていない人間からすると非常に不快です。

  • 面談前はひかえる
    • ブレスケアやガムなどで対策しましょう
  • 営業車では吸わない
    • スーツににおいが残ってしまう
    • 資料をのせている場合は、そこにもにおいが残ってしまう

|汗のにおい

  • ハンカチやタオルでこまめに汗を拭く
  • 制汗シートを使う
  • 時間に余裕を持った行動を行い、汗が引く時間を確保しましょう

バンに入れておきたいアイテム

リンクはAmazonページに飛びます

手鏡:食事後の口周りチェック、ネクタイチェックなど

携帯用靴べら:どこでもスムーズに靴が履ける、顧客からも好印象を得られる

|爪切り:いつでも爪のケアが可能

いごに

繰り返しになりますが、身だしなみのポイントは、相手に不快な印象を与えないことです。

細かい身だしなみに気を使えることは、きちんとした仕事ができる営業マンだと印象づけることができます。ぜひ正しい身だしなみで、周りの営業マンと差をつけましょう!

よんでいただいてどうもありがとうございます。

イノファ|ブログをシェアする
目次
閉じる