【50フレーズ】営業マンの正しい敬語集+過剰な敬語についても解説

inofua

「お名刺をお預かりさせていただきます」は正しい敬語なの?
「お戻りになられましたら」は正しい敬語なの?

の記事は、

  • 新社会人の方
  • あらためて敬語の使い方を確認したい方

に読んでいただきたいです。

の記事でわかること
  • 正しい敬語
  • 日頃使っている言葉は正しいの?

ビジネスの場において、日頃から正しい敬語を用いることは当たり前であると誰もが理解しています。ではなぜ、私達は敬語を使わなければならないのでしょうか?

それは、年齢や経験、立場の違う人達と円滑にコミュニケーションを図るためです。また、相手を立てて話をすることは、日本では常識として定着しています。すなわち、敬語を正しく使えないと、常識がないと判断されるということです。

でも安心してください。敬語を最初から完璧に話せる人などいません。実践を重ねてマスターしていくものですから。

今回「50のフレーズ」を抜粋し、正しい敬語集としてまとめました。

事前にそれを知っておくことで、少しでも正しい敬語習得の近道になればと考えております。

ぜひ目を通してみてください。

言葉のストックを増やしたい方には、こちらの記事も用意しています!

|スポンサーリンク

目次

しい敬語50フレーズ

常的なあいさつ

社内

  • 相手が目下の人であっても、「です・ます」の丁寧語で話すことを心がけましょう
  • 「ませ」をつけることで言葉の響きがやわらかくなります
正しい敬語普通の言葉場面
お先に失礼いたします。お疲れさまでした。先に帰宅するとき
おはようございます。おはよう。出勤時
行ってまいります。行ってきます。外出するとき
行ってらっしゃいませ。ご苦労さまです。外出を見送るとき
ただいま戻りました。ただいま。外出から戻ったとき
お帰りなさいませ。ご苦労さまです。外出していた人が戻ってきたとき
お疲れさまでした。ご苦労さまでした。帰宅する人へのあいさつ

社外

  • 「ございます」という丁寧語は、原則として相手のことには使いません
  • すれ違う時は、一旦立ち止まって挨拶をしましょう
正しい敬語普通の言葉場面
いつもお世話になっております。お世話さまです。基本の挨拶
お元気でいらっしゃいますか?お元気でございますか?久しぶりに会ったとき
いらっしゃいませ。どうも。すれ違ったとき
このたび、御社を担当させていただくことになりました、○○○○と申します。今度、新しく担当になりました○○です。担当になったときのあいさつ

告・連絡・相談

指示を受ける

  • 了解は承認するという言葉の意味があるため、目上の人が目下の人に使う言葉です
  • 承諾の返事は「かしこまりました」が一般的ですが、念を押されたときは「承知しております」のほうが、承諾の気持ちがはっきり伝わります
正しい敬語普通の言葉場面
承知いたしました。了解しました。仕事の依頼を受けたとき
はい。ただいま、まいります。いま、行きます。上司から呼ばれたとき
ございません。とくにありません。質問があるか聞かれたとき
私の理解が追いつかず、申し訳ありません。すみません。よくわかりません。説明がよくわからなかったとき
承知しております。知ってます。上司から念を押されたとき
どうしても外せない用事があるので。。。。今日は用事があるので・・・。残業を断るとき

上司への報告と連絡

  • 「すみません」は、ビジネスシーンには適さない言葉です
  • 曖昧な表現や憶測はさけ、正確に伝えることを意識しましょう
正しい敬語普通の言葉場面
ただいまよろしいでしょうか。今、いいです?たずねるとき
ご報告が遅れて、申し訳ございません。報告が遅れて、すみません。報告が遅れたとき
予定通り順調に進んでおりますので、ご安心ください。確認したので、大丈夫だと思います。進捗を報告するとき
前向きにご検討いただけるとのことでした。前向きに検討しますと言っていました。経過を報告するとき
部長がお呼びです。部長が来るようにおっしゃっています。部長が呼んでいると伝えるとき
会社に戻るのが11時ごろになります。会社に戻るのが11時を過ぎそうです。帰社が遅れることを伝えるとき

上司への相談

  • 「させていただく」という表現は間違いではありませんが、まわりくどい印象を与える場合があります
  • 「もらってもいいですか」というお願いの仕方は、丁寧さを欠きます。
正しい敬語普通の言葉場面
いかがいたしましょうか?どうしますか?判断をあおぎたいとき
明日は会社にいらっしゃいますか?明日は会社におられますか?予定を聞くとき
お尋ねしてもよろしいでしょうか?質問させていただいてもよろしいでしょうか?質問をするとき
ご確認いただけますでしょうか?確認していただいてもよろしいですか?確認してもらいたいとき
こちらにサインをお願いできますでしょうか?ここにサインをもらっていいですか?サインをもらいたいとき

客、訪問、接待

  • 「お見えになられる」は過剰敬語になるので好ましくありません
  • 相手から何が良いかたずねられたら、希望をはっきりと伝えたほうが好印象をもたれます
正しい敬語普通の言葉場面
お客さまがお見えになりました。お客さまがお見えになられました。来客の到着を告げるとき
営業部長の〇〇を呼んでまいります。上司をお呼びします。上司を呼び出すとき
こちらが、○○営業部長です。こちらが、○○営業部長です。上司を来客に紹介するとき
こちらが、○○社の○○様です。こちらが○○社の○○様になります。来客を上司に紹介するとき
お名刺をお預かりいたします。お名刺をお預かりさせていただきます。名刺を預かったとき
それでは、こちらで失礼いたします。それでは、ここで失礼いたします。見送りのあいさつ
お話を続けてもよろしいでしょうか?お時間のほうは、まだ大丈夫ですか?予定時間を過ぎてしまったとき
明日お伺いいたします。明日伺わさせていただきます。訪問を約束するとき
失礼ですが、お名前はどのようにお読みするのでしょうか?お名前はなんと読めばいいのですか?名刺の読み方がわからないとき
お手洗いを貸していただけますか?おトイレはどこでしょうか?トイレを借りるとき
コーヒーでよろしいでしょうか?コーヒーでよろしかったでしょうか?飲み物をたずねるとき
ビールをいただけますでしょうか?ビールでけっこうです。飲み物を聞かれたとき
お荷物になりますが、どうぞお持ちくださいませ。つまらないものですが、お受け取りください。手土産を渡すとき

話対応

  • 「お戻りになられましたら」は二重敬語になります
  • 電話番号はもらうものではないので、「頂戴する」という表現は間違いです
正しい敬語普通の言葉場面
課長の○○様は、いらっしゃいますでしょうか?○○課長さんは、おられますでしょうか?電話をつないでもらうとき
ただいま、お話してもよろしいでしょうか?今、大丈夫ですか?携帯電話にかけたとき
お戻りになりましたら・・・。お戻りになられましたら・・・。折返しの電話をもらいたいとき
電話に出られず、申し訳ございませんでした。電話に出れなくてすみません。電話に出られなかったことをわびるとき
お電話番号を教えていただけますでしょうか?電話番号を頂戴できますか?相手に電話番号をたずねるとき

常的

  • 「なれるんですか?」は能力を問う表現があるので、目下の言葉としては不適切です
  • 尊敬語を人以外につかうことはNGです
正しい敬語普通の言葉場面
英語をお話になりますか?英語をお話になれるんですか?英語ができるかどうかたずねるとき
お住まいはどちらですか?どこに住んでいるんですか?住まいの場所をたずねるとき
最近、ゴルフはなさっていますか?最近、ゴルフをやられていますか?趣味について触れるとき
素敵なネクタイですね。素敵なネクタイでいらっしゃいますね。身につけているものをほめるとき

剰な敬語には注意

代表的なものとして「二重敬語」と「敬語連結」があります。

これらは、丁寧に言おうとするあまり、表現が回りくどくなり、相手に意味が伝わりづらくなるものです。ただし、文法上間違っているかどうかを白黒つけるには難しい問題です。

「間違い」と決めつけるのではなく、「このほうがシンプルでいい」と考えるようにしましょう。

重敬語

すでに敬語になっている言葉に同じ種類の敬語を重ねて使ってしまうことです。

「お(ご)〜なる」+「れる」「られる」という丁寧語を二重に使っているため、一般的に適切でないとされている。

「ご覧になる」+「られる」=ご覧になられましたか?

ご覧になりましたか?

「お読みになる」+「られる」=お読みになられる

お読みになる

二重敬語であっても習慣として定着しているケースもあります。

例)「お伺いする」「お召し上がりになる」「お見えになる」

語連結

二つ以上の敬語にした語を接続助詞「」でつないだものです。

例)

「ご案内する」+「さしあげる」=ご案内し  さしあげましょうか?

ご案内いたしましょうか?

いごに

この記事で紹介したフレーズは、ほんの一部にすぎませんが、正しい敬語を確認できる材料になれば嬉しいです。

よんでいただいてどうもありがとうございます。

イノファ|ブログをシェアする
目次
閉じる